トップ > レース情報 > レースランク表

レースランク表

4(3)歳以上馬

各馬を頭数比率によってA1・A2・B1・B2・C1・C2・C3の7クラスに格付けし、番組賞金にかわるポイントを設定します。
この呼称はA・B・Cをランク、1・2・3の数字をクラスと呼び、それぞれのポイント幅を持つことになります。これらのポイント幅は別表1で定めるとおりとします。
競走成績によって昇級・降級する場合があります。

転入馬
  • 転入馬の格付けは別表3で定めるとおりとします。
  • 1年半以内の再転入馬は当場自己条件(元のクラス)に復帰することとします。
  • 1年半以内の再転入馬でも他場実績により昇格している場合は別表3にあてはめることとします。
  • 各場の格付条件・呼称に変更のある場合は随時変更します。

3歳馬

1月から、頭数比率によってA・B・C1・C2の4つのランクに格付けし、番組賞金にかわるポイントを設定します。
これらのポイント幅は別表2で定めるとおりとし、競走成績によって昇級・降級する場合があります。

転入馬
  • 1~2月に他の地方競馬から転入してくる3歳馬については、1月に実施する自場馬の収得賞金による格付表と照合し決定します。
  • 3月~他の地方競馬で格付を実施していない間に転入してくる3歳馬については、別表4、5のとおり格付けします。
  • 他の地方競馬から転入してくる3歳未格付馬でも、JRAでの競走実績(未出走馬は除く)があれば、JRAからの転入馬と同様に扱います。
  • 1年半以内の再転入馬でも他場実績により昇格している場合は別表3にあてはめることとします。

2歳馬

番組賞金により、編成を行い出走できる競走を設定します。

  • JRAからの転入馬
    転入しようとする馬が地方競馬主催競走で得た本賞金額は全額、JRA主催競走で得た本賞金額を40%で計算し、その合計額(地方競馬+JRA分)を番組賞金とします。
    なお、最低番組賞金は30万円とします。
  • 地方競馬からの転入馬
    収得賞金額を番組賞金とします。
    ただし、JRA主催競走での収得賞金は40%加算とします。

4歳(3歳)以上馬ランク別ポイント表(別表1)

ランク ポイント ポイント幅 備 考
下限 上限
A1 760以上   -  
A2 630 759 130  
B1 500 629 130  
B2 370 499 130  
C1 240 369 130  
C2 100 239 140  
C3 0 99 100  

3歳馬単独競走編成時のランク別ポイント表(別表2)

ランク ポイント ポイント幅 備 考
下限 上限
A 330以上      
B 230 329 100  
C1 100 229 130  
C2 0 99 100  

昇級
競走に出走し、5着以内に入線した馬には、それぞれの着によってポイントを加算します。
その馬のポイント合計が各クラスのポイント幅の上限を超えた場合に昇級することとします。
昇級した場合、その馬の格付ポイントは昇級したクラスの最下限ポイントに修正します。

降級
2ヶ月毎に行う格付修正時に、同一クラスでの近3走の着順合計の多い順に1クラス降級します。

加算ポイント
  1着 2着 3着 4着 5着
重賞競走 100 35 20 10 5
普通競走 100 24 12 8 6

格付修正
2ヶ月毎(1月、3月、5月、7月、9月、11月)に、格付の修正を行います。
これは、当初格付した際の頭数比率に戻すためのもので、新格付に伴うポイント修正も同時に行います。

4歳(3歳)以上馬転入条件(別表3) (転入馬の条件は変更になる場合があります。)

転入前所属 他場ランク・クラス 転入後クラス
JRA 1600万下~OP A1
1000万下 A2
500万下
JRA競走勝馬
地方未勝利交流競走勝馬
B1
地方2勝以上し、JRAへ再転入した馬 B2
未勝利 C2
北海道 A1 A1
A2~A4 B1
B1 B2
B2~B4 B2
C1 C1
C2 C2
C3~C4 C3
岩手 重賞・Aクラス競走の勝馬 A1
上記以外のAクラス馬 A2
B1 B1
B2 B2
C1 C1
C2 C2
南関東 A1 A1
A2 A1
B1 A2
B2 B1
B3 B1
C1 B2
C2 C1
C3 C2
金沢 A1組 A1
A2組 A2
A3~B1 B1
B2~4 B2
C1 C1
C2 1~4組 C2
C2 5組~ C3
笠松 A1 A1
A2 A2
A3~ B1
B1組~3組 B1
B4組~6組 B2
B7組~ B2
C1組~10組 C1
C11組~20組 C2
C21組~ C3
名古屋 A1 A1
A2 A2
A3~ B1
B1組~4組 B1
B5組~8組 B2
B9組~ B2
C1組~10組 C1
C11組~20組 C2
C21組~ C3
高知 成績を参照のうえ決定  
佐賀 重賞・A1クラス競走の勝馬 A1
上記以外のA1クラス馬 A2
A2 B1
B C1
C1 C2
C2 C3

※3歳以上馬でJRA未勝利競走抹消後、地方競馬で出走した馬については、格付・未格付を問わず最低ランクをC2とする。
※JRA500万下(JRA勝馬、地方未勝利交流勝馬)抹消後、他の地方競馬で出走した馬については、格付・未格付を問わず最低ランクをB1とする。
※ただし、上記一覧表以外にも番組編成委員が必要と認めた場合はこの限りでない。

3歳馬転入条件(転入馬の条件は変更になる場合があります。)

(1)3歳単独競走編成時(別表4)

転入前所属 他場ランク・クラス 転入後クラス 備考
JRA オープン A  
500万下 A  
未勝利 C1  
地方他地区 認定馬 A  
4勝以上の馬 A  
3勝馬 B  
2勝馬 C1  
未勝利~1勝馬 C2  

3歳馬単独競走編成時のランク別ポイント表(別表5)

転入前所属 他場ランク・クラス 転入後クラス 備考
JRA オープン A1  
500万下
JRA競走勝馬
地方未勝利交流競走勝馬
B1  
地方2勝以上し、JRAへ再転入した馬 B2  
未勝利 C2  
地方他地区 6勝以上の馬 A2  
5勝馬 B1  
認定馬
(5勝以下の認定馬)
B1  
4勝馬 B2  
3勝馬 C1  
1~2勝馬 C2  
未勝利 C3  

兵庫県競馬組合が実施している特殊な競走の説明

特殊な競走の名称と説明
【リミテッド競走】
「リミテッド」とは「限られた、制限された」の意。
出走資格を兵庫県で初出走した馬に限定した競走です。
【アッパートライ競走】(JRA認定競走)
2歳馬で番組賞金上位馬による競走です。
この競走の勝ち馬は「JRA認定馬」となり、JRAに転籍せず地方所属のままで JRAが施行する特別指定競走に出走可能となります。
※JRAからの転入馬は、この競走の勝ち馬となってもJRAが施行する特別指定競走に出走できません。
【アッパートライ競走(リミテッド)】(JRA認定競走)
この競走の勝ち馬は「JRA認定馬」となり、JRAに転籍せず地方所属のままで JRAが施行する特別指定競走に出走可能となります。
【JRA交流競走】
JRAに所属する馬と地方競馬に所属する馬が、地方の競馬場で対決する競走。
JRAの未勝利クラス競走を県内および近隣の山の名前を冠とした「山特別」、500万下クラスとの交流競走は同じく川の名前を冠した「川特別」とし、JRAとの交流競走を実施しています。
【ダートグレード競走】
「日本グレード格付け管理委員会」により承認された日本におけるダート競馬の根幹競走。
グレード競走の中には、(1)国際格付けされた競走と、(2)それ以外の競走との区別があり、 (1)はGI・GII・GIII、(2)はJpnI・JpnII・JpnIIIと表記されます。
兵庫県では例年JpnII競走を2競走、JpnIII競走を1競走実施しており、2008年度には初めてのJpnI競走として「JBC競走」2競走を実施しました。
【ブロック代表馬選定競走】
JRAが実施するGI競走に地方馬が出走するための第一関門となる競走。
JRAが実施しているGIのトライアル競走への出走権利を得ることができ、その競走で定められた着順(多くは3着まで)以上の成績を収めた馬が出走できることになります。
兵庫県は、愛知県・岐阜県・石川県と同じブロックで、現在3競走を実施しています。
【交流重賞】
主催場に所属している馬以外にも出走枠を設けている重賞競走。
出走枠の対象は近隣主催者や同一ブロックが多かったのですが、近年では全国の地方競馬を対象にした競走が増加しています。