レース情報

第58回兵庫大賞典

2022年5月5日(木)
■園田競馬場
■サラブレッド系4歳以上
■距離:1870m

レース結果

第58回兵庫大賞典は5日、園田競馬場のダート1870㍍に12頭が参戦して争われ、好スタートからハナを切った1番人気ジンギ(田中騎乗)と2番手につけた2番人気シェダルの文字通りの一騎打ちとなり、ジンギが首差しのいで昨年に続いての勝利。2005、2006年の同レースを勝ったロードバクシン以来16年ぶりの連覇を果たした。

現役最強馬ジンギが壮絶な競り合いを制して兵庫大賞典連覇。そして10度目の重賞制覇を飾った。スタートを決めたジンギが先頭に立つと、すかさずシェダルがその外にぴったり寄り添う展開。最後の4コーナーで一瞬シェダルが先頭に立ったが、そこからがジンギの真骨頂。直線に入って闘志を燃やし、再び伸び返して最後は首差ライバルの猛攻を退けた。

「相手がいい手応えだったので正直負けたと思ったが、そこから伸びてくれた。よく頑張ってくれた」と田中は改めて愛馬の底力を褒めたたえた。今週はゴールデンウィークならぬ田中ウィーク。3日に名古屋で行われたかきつばた記念(JpnⅢ)をイグナイターで制しており、2つの重賞を制してご満悦。

「まだ具体的なプランは立てていないが、この秋が勝負だと思っている」と橋本調教師。次走は馬の様子を見ながら決める。

■記者プロフィール
蔵田 成樹(くらた まさき)
報知新聞

蔵田 成樹

このページの先頭へ戻る