レース情報

第15回兵庫サマークイーン賞

2022年7月15日(金)
■園田競馬場
■サラブレッド系3歳以上牝馬
■距離:1700m

レース結果

「第15回兵庫サマークイーン賞」は15日、第11R、1700㍍戦で争われ、浦和所属のダノンレジーナ(牝6=小久保)が鞍上・本橋と息の合った騎乗で、断然の1番人気に応えた。2着に地元のシークレットローザ、3着はデンコウハピネスが入線した。3連単は14万5010円の高配当決着となった。なお、2番人気のメモリーコウは7着に敗れた。

これぞ実績馬の走りだ。スタートを五分に決めると、楽な感じで絶好の2番手を確保。逃げるステラモナークを見ながら、余裕たっぷり。終始、抜群の手応え。勝負どころを迎えても持ったまま。直線に入りゴーサインを出すと瞬時に反応。一気に抜け出して、最後は3馬身差をつける完勝劇を披露した。これで同馬は重賞5勝目。「強かったです。レースもイメージ通りにいきました。この暑い中でもレジーナが頑張ってくれて、感謝しています。大切な馬ですね。自在性があって気性面も成長しています。良くなってきています」と本橋騎手。管理する小久保師は「馬の頑張りが一番ですね。頭が下がる思いです。この後は名古屋(秋桜賞・9月2日、1500メートル)あたりに照準を合わせて行きたいと思っています」と馬に感謝しつつ、今後の展望を話した。

これでグランダム・ジャパンの古馬シーズンで佐賀ヴィーナスカップに続いての2勝目。ポイントで首位へと躍り出た。地方の古馬最強牝馬へとまた一歩近づいた。このままどこまで成長を遂げていくのか楽しみが尽きない。

■記者プロフィール
桑原 勲(くわはら いさお)
スポーツニッポン記者
経験豊かな知識と緻密な取材で、的確な予想を組み立てます。

桑原 勲

このページの先頭へ戻る