レース情報

第51回白鷺賞

2022年2月3日(木)
■姫路競馬場
■サラブレッド系4歳以上
■距離:2000m

レース結果

開催最終日の11Rで行われ、ジンギが圧勝で連覇達成した。単勝1・0倍と絶対の信頼を集めた1番人気は、難なく逃げ切って重賞9勝目。2着は中団から追い込んだ5番人気のアワジノサクラ、3着には2番手で終始追走だった3番人気のエイシンイナズマが入った。

2年連続年度代表馬として、ジンギが〝現役兵庫最強馬〟の称号にふさわしい勝ち方をした。ゆっくりとしたペースで余裕の逃げ切り。2着と7馬身差は昨年と同じ。管理する橋本明師は「精神的に大人になった。レースまでに無駄な力を使わなくなった」と愛馬の成長をほめた。

断トツの人気に、さすがの名手・田中学も緊張。「勝って当たり前。ゲートさえクリアできれば、何とでもできる」と相棒を信頼して臨んだ。3角からスパートすると後続との差は広がる一方。「休み明けでズブかったが、底力ですね」とあきれるほどだった。

今後は「交流重賞で勝つという期待に応えたい」と指揮官。次走は昨年同様に名古屋大賞典・JpnⅢ(3月10日・名古屋)に挑む。前回の4着は地方馬最先着だったが、JRA勢に上位独占を許した。「去年は全力の結果。今年はそれ以上の着順を」。ジンギにとって2022年は〝地方最強馬〟を目指す戦いになる。

■記者プロフィール
中山 伸治(なかやま しんじ)
デイリースポーツ記者

中山 伸治

このページの先頭へ戻る