レース情報

第12回園田FCスプリント

2022年6月23日(木)
■園田競馬場
■サラブレッド系3歳以上
■距離:820m

レース結果

兵庫競馬唯一のスプリント重賞「第12回園田FCスプリント」(3歳上オープン・820㍍)が23日、園田競馬場で高知からの遠征馬2頭を含むフルゲート12頭によって争われ、多々羅騎乗で1番人気に支持されたダノングッド(牡10・別府真)が直線で力強く抜け出してV。見事、連覇を成し遂げた。2着には勝ち馬を追うように進出した同厩舎のダノンジャスティスが、3着にはブレイクフリーが早め先頭から粘り込んだ。

昨年の衝撃再び。ダノングッドが今年も強さを見せた一戦となった。ハナをうかがうくらいの出脚だったが、砂をかぶって嫌がり、徐々に離されていくところを、鞍上が必至にうながして食らいつく。4コーナーで射程圏に入れて直線に向くと、そこからの伸び脚は他馬とは別次元のものだった。昨年の6馬身差には及ばなくても、820㍍で5馬身差は決定的だ。2着も同じく高知のダノンジャスティスが入り、高知競馬のレベルの高さも同時に証明してみせた。

「馬が経験豊富なので、今回は馬に任せて挑みました。この距離なのでスタートには気をつけましたが、うまく出てくれました。不器用なところもあるが、スムーズに運べれば確実に脚を使ってくれます」と多々羅騎手。管理する別府真師は「状態は良かったです。園田の強い馬相手にいい競馬ができました。順調なら来年も挑戦したいですね」と、ワンツーフィニッシュに満足の表情を見せていた。

なおダノングッドの次走は、走った後の回復具合をみて決定するとのこと。

■記者プロフィール
門田 光生(かどた みつお)
サンケイスポーツ

門田 光生

このページの先頭へ戻る