レース情報

第23回兵庫ダービー

2022年6月9日(木)
■園田競馬場
■サラブレッド系3歳
■距離:1870m

レース結果

開催5日目の11Rで行われ、1番人気のバウチェイサーが2番手から抜け出して、兵庫競馬で3歳世代の頂点に立った。新子雅司調教師(44)は2013年のユメノアトサキ以来で2回目、笹田知宏騎手(36)は初めての兵庫ダービー制覇。2着は中団から追い込んだ7番人気のニフティスマイル、3着には大外を伸びた4番手人気のローグネイションが入った。

今年の〝兵庫3冠〟の最後を制したのは、新子雅厩舎のバウチェイサーだった。1冠目の菊水賞は3着に泣き、勝ったのは同厩馬ベルレフォーン。「4角で勝ったと思った。今回のバウは心配がなかった。(7着の)ベルレは暑さで菊水賞の状態にはならなかった。追い切りまでだった」と指揮官。今回は2頭の立場が逆転した。

レースはニネンビーグミが逃げてバウチェイサーは2番手、ベルレフォーンは8番手。道中で大きな動きはなく、4角を迎えるとバウチェイサーが一気に抜け出した。「道中は手応えが良すぎた。この業界に生まれ育って、うれしくて頭が真っ白」と笹田知。父はJRA調教師の笹田和秀、祖父も名伯楽の伊藤雄二だ。

3歳世代の頂点に立ったバウチェイサーは今後、強敵を求めてキャリアを積む。「ジャパンダートダービー(7月13日、大井)、楠賞(11月2日、園田)を目指して。全国で戦えるレベルにしたい」と新子雅師。僚馬イグナイターのように、ダートグレード競走での活躍を思い描く。

■記者プロフィール
中山 伸治(なかやま しんじ)
デイリースポーツ記者

中山 伸治

このページの先頭へ戻る