トップ > レース情報 > 第54回楠賞

レース情報

第54回楠賞

2020年11月4日(水)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

第54回楠賞は4日、11Rで行われ、船橋競馬所属の1番人気のサロルンが道中4番手追走から差し切って優勝。2歳時門別でのデビューから無傷7連勝を飾り、重賞初制覇を成し遂げた。勝ち時計は稍重馬場1400メートル・1分27秒8だった。

注目の主導権は地元兵庫ダービー馬ディアタイザンが奪い、2番手をステラモナークが追走。ティーズダンクが残り3Fあたりから仕掛けて先頭に立って押し切りを図るところ、直線外へ出して伸びてきたサロルンがゴール前でとらえた。

今まで6連勝中でハナを譲ったことがなかったサロルンだが、初コンビを組んだ赤岡修騎手は「園田は滑ることもあり、1歩目が遅いとも分かっていました。御神本騎手(前走まで騎乗していた)に電話で『賢い』と聞いていたので差す形も考えていました」と想定内とレースぶりを振り返る。戦前の入念な予習によりテン乗りで結果を出すあたりは、さすが重賞請負人。名手の見事な手綱さばきも光った。また、管理する岡林光師は「素晴らしい馬だが、まだ一度使うとガタっとくる。今後も馬の調子に合わせてレースを選び大事にしていきたい」と展望を語った。夢が広がる素晴らしい勝ちっぷり。地方競馬に俄然注目が集まる新星が誕生した。

2着は浦和競馬所属のティーズダンク。発馬からスムーズに流れにも乗れ、向正面半ばからギアを上げて3角過ぎでは先頭に。そのまま逃げ切りを図ったが惜しくも2着。初コンビの岡部誠騎手とで力は出し切り、南関東重賞ウイナーたる力も示したが、勝ち馬が一枚上だった。3着は地元馬で最先着したハナブサ。直線でもしっかり伸びた末脚は今後の活躍を確約するもの。オープン入りへ期待がかかる。4着ニュータウンガールも東海地区のトップホースたる力量は示すレースぶりだった。2番人気のヴァケーションは中団追走から思いの外伸びず6着に。本領発揮とならず右回りに課題を残した印象だ。3番人気のステラモナークは8着へと退いたが、下原理騎手は「外からティーズダンクが上がってきた時についていけなかった。上がりの速いレースとなった分でしょうか」と語ったが、豊かなスピードの持ち主であるのは確か。この敗戦を糧にさらなる成長を期待したい。

工藤 修

■プロフィール
工藤 修
(くどう おさむ)

デイリースポーツ記者