トップ > レース情報 > 第52回摂津盃

レース情報

第52回摂津盃

2020年8月14日(金)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上ハンデ ■距離:1700m

出馬表
昨年レース結果
昨年レース映像

※出馬表はレース2日前の15時更新予定です。

レースの特徴

昨年に引き続き金曜ナイターで行われる真夏恒例の重賞レース。

過去10回の結果
1着2着3着着外
1番人気4204
2番人気3214
3番人気2314

記者がお伝えする今回の見所

真夏恒例のハンデ戦。57キロを背負うジンギとタガノジーニアスに注目が集まる。ジンギは7月3日のオープンを快勝。そこからレース間隔は空いたが調整は順調に進んでおり力を出せる状態。5月の兵庫大賞典では2着に入るなど今なお成長しており、古馬になってからの初の重賞制覇へ視界は良好だ。

タガノジーニアスは3歳時に兵庫で2勝してJRAに戻り、その後昨年9月の3勝クラスでも2着に入るなど結果を残し再び兵庫に戻ってきた。転入初戦はジンギの3着に終わったが、前走、名古屋で行われた名港盃で待望の重賞初Vを飾り勢いに乗っている。環境にも慣れてきただけに

昨年のこのレースを制したヒダルマは56キロでの出走。その後休養に入り今年4月に戦線復帰したが、4戦して未勝利。ただ、前走で2着と12連勝した当時の状態に戻りつつある。気分よく逃げることができれば連覇も十分。

ホッカイドウ競馬とレベルの高い南関東で10勝を挙げ、5月に転入してきたストーンリバーのハンデは57㌔。前走の名港盃で2着と調子も上向いている。ダイナミックなフットワークなのでコーナーを6つ回る園田の1700メートル戦でいかに器用に立ち回れるかがポイントになる。

昨年の2着馬メイショウオオゼキは昨年57キロで出走だったが、今年は55キロと恵まれた印象。10歳とはいえ、一瞬の脚は健在。まだまだ上位争いを演じる力はある。久々の実戦も3歳時に笠松で行われたゴールドジュニアを勝っているオオエフォーチュンもこの距離は得意にしており不気味な存在だ。

蔵田 成樹

■プロフィール
蔵田 成樹
(くらた まさき)

報知新聞

過去のレース画像

過去のレース画像