トップ > レース情報 > 第12回兵庫若駒賞

レース情報

第12回兵庫若駒賞

2019年10月17日(木)

■園田競馬場 ■サラブレッド系2歳 ■距離:1400m

出馬表
昨年レース結果
昨年レース映像

※出馬表はレース2日前の15時更新予定です。

レースの特徴

未来を期待させる2歳馬限定の重賞競走。
地方競馬の2歳重賞シリーズである未来優駿シリーズのひとつ。

過去10回の結果
1着2着3着着外
1番人気6112
2番人気0505
3番人気2116

記者がお伝えする今回の見所

今年で12回目だから歴史の浅い重賞だが、歴代勝ち馬にはオオエライジンを筆頭に、マイタイザンなどビッグネームが名を連ねる出世レース。しかし、残念ながら今年は精鋭ぞろいとはいかなかった。理由は明白。エキサイターが断然の存在感を放っているのだ。

園田での圧倒的なパフォーマンスは言うに及ばず、JRA遠征(野路菊S・2歳オープン・芝千八)の3着もある。所詮は5頭立てで恵まれたと疑いの眼差しで見る向きもあろうが、レース内容は立派なものだ。確かに勝ち馬に1秒離されて、5着馬とはコンマ1秒差だから威張れたものではない。しかし、4着馬は新馬戦(芝二千)を1番人気で快勝した馬。そんな馬に初めての芝で先着したのは立派で、水準以上の走りを見せてくれた。このレースを使った後は再びJRA遠征(デイリー杯2歳ステークス・11月9日・芝千六)を予定しており、陣営は芝での適性を再確認したいようだ。裏を返せば、ここを勝つのは織り込み済みということか。勝負の世界は甘くないとはいえ、決して不遜には映らない。それぐらい他馬との能力差が歴然としている。伏兵視される馬が矛先を変えて回避するのも頷ける。鉄板級の大本命とみて問題ない。

焦点は相手探しに絞られるが、真っ先に浮上するのはピスハンド。一時代を築いた快速牝馬トーコーニーケの弟にあたる良血馬で、新馬戦を勝った後はすぐさま放牧に出して成長を促した。キャリアの浅さは否定できないが、直前の能力検査では際立った動きを披露。底を見せていない強みもある、エキサイター相手に軽々しく逆転は口にできないが、他馬との比較なら胸を張れる存在だ。

実績からは認定勝ちがあるスマイルジュピターも圏内だが、千四は3走して2、3、4着。着差は4着時のコンマ9秒差が最善では大きなことは言えない。鞍上田中の腕に頼るしかなさそうだ。

ガーネットジェムは果敢に挑んだ園田PCで後方から6着まで追い上げた。さすがに勝ち負けには絡めなかったが、最低人気であれだけ走れば上等。デキもキープしているようで、無欲の差しが奏功する可能性はある。

北海道から転じて2、1着のナットビーワンも気になる一頭。キャリア豊富な馬だけに小回りの園田なら初めての千四にも適応できそう。前走の内容も上々だけに軽視するのはどうか。

成長途上ながらディアタイザンも押えておきたい。快速牝馬アヴニールレーヴの下という血統的な裏づけもある。こちらは牡馬らしく雄大な馬体で、前走の勝ちっぷりにも余裕が感じられた。善戦以上を期待していい。

カズヤラヴのスピードも無視できないが、全国レベルの強豪が相手だったとはいえ園田PCが想定外の殿負け。いくらなんでも負けすぎだ。繊細な牝馬だけに一変を期待するのは少しばかり無理があるのでは。

瀬藤 治人

■プロフィール
瀬藤 治人
(せとう はると)

大阪スポーツ記者
86年4月専門紙記者となり、園田・姫路競馬のトラックマンとして活躍。04年に大阪スポーツの記者となる。長年の経験と鋭い分析による予想には定評がある。

過去のレース画像

過去のレース画像