トップ > レース情報 > 第13回兵庫ユースカップ

レース情報

第13回兵庫ユースカップ

2021年3月4日(木)

■姫路競馬場 ■サラブレッド系3歳 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

4日、姫路競馬場で行われた第13回「兵庫ユースカップ」は単勝1・4倍の1番人気に支持されたサラコナン(牡3歳・新井隆厩舎)が3番手からゴール寸前で抜け出し快勝。門別3勝馬の底力をまざまざと見せつけ、通算6勝目が嬉しい重賞初勝利となった。クビ差の2着は3番人気のエイシンイナズマ。鞍上の重賞初制覇は夢と消えたが今後の活躍が期待できる奮闘だった。3着には逃げた5番人気のマンテーニャが粘り込んだ。

肩の荷が下りた新井隆師は「仕上がりは良かったけど、3コーナーでフワッとしたときはヒヤッとした。まあ、直線を向けば伸びるのが分かっていたけどね」は苦笑い。次走の予定は「距離はもつと思うので菊水賞へ向かうつもり」。
1着=サラコナン(田中学騎手)3コーナーで遊んだけど、終いの脚はしっかりしてる。今回みたいな攻めのレースができれば距離が延びるのは問題ないのでは。
2着=エイシンイナズマ(永井孝騎手)ゲートも出たしスムーズに行けたが、1コーナーでハミを噛んでしまった。最後は決め手の差。馬は頑張ってくれました。
4着=スマイルサルファー(大山真騎手)道中はイメージ通りに運んだが、追い出してから思ったほど伸びなくて。キャリアも浅いし、使って良くなると思います。
6着=フセノチェリー(下原理騎手)大外枠でもいいとこに入れたが、ペースが上がるとついて行けなくなった。
8着=ウォニー(吉村智騎手)見ての通り。頑張ってくれたけど、現時点で重賞では厳しい。
9着=スマイルジャスパー(笹田知騎手)もう少しやれる馬なのに、スタート後手でリズム良く走らせてやれなかったのが悔やまれる。
10着=ユナチャン(松木大騎手)前走後に反動が出て、立て直してる段階だったせいか本来の伸びがなかった。

瀬藤 治人

■プロフィール
瀬藤 治人
(せとう はると)

大阪スポーツ記者
86年4月専門紙記者となり、園田・姫路競馬のトラックマンとして活躍。04年に大阪スポーツの記者となる。長年の経験と鋭い分析による予想には定評がある。