トップ > レース情報 > 第57回新春賞

レース情報

第57回新春賞

2015年1月3日(土)

■園田競馬場 ■サラブレッド系4歳以上 ハンデ ■距離:1870m

レース結果
レース映像

レース結果

 ハルイチバンの出遅れでノッケから波乱ムード。ハナは軽量クリノチョモラーリ。しかし、2番手以下を引き離す形になり2番手付けエーシンスパイシーは気分良く逃げているのと同じ。バテたチョモラーリを早めに交わしてからも自身の気分のいい走りは継続。
結果ニシノイーグルの追撃を半馬身差凌いでのゴール。騎乗した松浦聡は18年目、管理する橋本明師は3年目、共に嬉しい嬉しい初重賞となった。惜しかったのはイーグル、前半多少折り合いを欠いたものの向正面、外めに持ち出してからはポジションを上げ3角では射程内。もう少しレースを動かす馬がいれば3連覇のシーンだったかも。③着にはエーシンクリアー。理想的な5~6番手で付けで虎視眈々。直線ズブさを見せかけた時にイーグルと馬体が合い再び加速と内容そのものは悪くなかったが…。一番人気ハルイチバンは④着。ゲートで滑ってしまい最後方からの競馬になったのがすべて。しかし、上がり37秒2の脚を駆使して追い上げてくるのだから底力は一番。⑤着にはブルースイショウ、④着ハルとは首差だからこの馬なりにはシッカリ走っている。中8日の強行軍が却って気合良化を呼び込んだ感じ。2番人気トーコーニーケは⑥着。3番手付けも決して流れは悪くなかった。前走からの背1.5kg増が響いたとしか…。ダービー馬トーコーガイアは今ひとつ見せ場なしの⑨着。やはり1870mは多少長いのかもしれない。

北防 敦

■プロフィール
北防 敦
(きたのぼう あつし)

ケイバブック チーフトラックマン
「競馬は調教から」をモットーに早朝からの調教取材を精力的にこなす。予想も、調教データを中心に組み立てる。