トップ > レース情報 > 第19回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

レース情報

第19回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

2019年12月27日(金)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

第19回兵庫ゴールドトロフィー(交流・GⅢ)は27日、園田競馬場のダート1400㍍に11頭(JRA4、地元4、南関東2、高知1)が出走して争われ、1番人気に支持された北村友騎乗のJRA所属デュープロセスが主導権争いを制してハナを奪うと1分27秒4のタイムで重賞初V。JRA勢は19年連続でこのレースを制した。イルティモーネが地元最上位タイとなる2着。3着には高知のサクラレグナムが入った。

デュープロセスが役者の違いを見せつけた。逃げる作戦は立てていなかったが、スタートが決まると初コンビの北村友は迷わず先行策を選択。地元のスピード自慢ナチュラリーをねじ伏せてハナに立つと地方勢の猛追を0秒2差振り切ってゴール。「(後続の)足音は聞こえたが、差される感じはなかった。パワーがあるので深いダートにも対応してくれた」と北村友は完勝劇に胸を張った。

「ブリンカー効果もあり、きょうはスムーズに走ってくれた」と安田隆調教師も満足そう。3歳馬の勝利は4回大会のシーキングザダイヤ、8回大会のスマートファルコンに続いて3頭目。「気の悪さばかりが目立つけど、この勝利をきっかけにいい面を見つけたい」と同師はまだまだ伸びしろがあることを強調。今後はリフレッシュ放牧に出て来年の飛躍に備える。

敗者のコメント
下原騎手(イルティモーネ=2着)「前走の感じからひと脚生かそうと思っていた。3コーナーの頂上から仕掛けてよく伸びている」
赤岡騎手(サクラレグナム=3着)「4コーナーの時点で手応えもよく、勝てたと思ったが、力を見せつけられた」

蔵田 成樹

■プロフィール
蔵田 成樹
(くらた まさき)

報知新聞