トップ > レース情報 > 第14回兵庫サマークイーン賞

レース情報

第14回兵庫サマークイーン賞

2021年7月23日(金)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上牝馬 ■距離:1700m

レース結果
レース映像

レース結果

園田競馬の「第14回兵庫サマークイーン賞」は23日、第11R1700㍍戦で争われ、岡部が騎乗する愛知のシーアフェアリー(牝6安部幸)が3角先頭から後続の猛追を退けた。同馬は管理する安部幸師と、ともにうれしい重賞初制覇となった。2着に1番人気のラインカリーナ、3着は2番人気のサルサレイアら南関東勢が入線。地元勢はカリブメーカーの5着が最高成績と悔しい結果に終わった。  シーアフェアリーは発馬をキッチリ決めて、絶好位とも思えるインの5番手を確保。そこで前を見ながら末脚を温存。2周目の向正面半ば過ぎから、仕掛けるとスッと反応。3角では先頭へ立つと、直線に入っても抜群の手応え。迫るラインカリーナの猛追をしのいで、堂々たる勝ちっぷりで、重賞初勝利を遂げた。騎乗した岡部は「いいペースになりました。今回はいいパフォーマンスをしてくれました」。管理する安部幸師は「エサをよく食べますし、夏負けすることなく、いい状態で迎えられたと思います。岡部ジョッキーがホントにうまく乗ってくれました」と笑顔でレースを振り返った。  夢ふくらむ鮮やかな勝ちっぷりで、今後がさらに楽しみになってきた。次走は金沢・読売レディス杯(8月10日)を予定し、指揮官は「いい結果を出せるように頑張ります」と力が入る。軌道に乗った遅咲きの6歳馬に注目していきたい。

桑原 勲

■プロフィール
桑原 勲
(くわはら いさお)

スポーツニッポン記者
経験豊かな知識と緻密な取材で、的確な予想を組み立てます。