トップ > レース情報 > 第6回兵庫ゴールドカップ

レース情報

第6回兵庫ゴールドカップ

2022年10月20日(木)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上 ■距離:1230m

レース結果
レース映像

レース結果

全国交流レース第6回兵庫ゴールドカップが20日、園田競馬場のダート1230㍍に12頭が出走して争われ、2番人気の船橋からの遠征馬コパノフィーリング(吉村騎乗)が主導権を握ると1分16秒9のタイムで逃げ切り、ナチュラリーに続いて同レース史上2頭目となる連覇を達成した。

2着に6馬身差をつける圧勝劇でコパノフィーリングが同レース連覇を飾った。「二の脚が速くてあっさりハナに行けました」とテン乗りの吉村が振り返るように、ゲートを飛び出してからの強烈な推進力で並み居る先行馬を押しのけてハナを奪った時点で勝負を決めた。「天性のスピードがあるので今後も活躍できるでしょう」と大役を無事に勤め上げてほっとした表情を見せた。

5年連続のリーディング騎手の座をほぼ確実にしている吉村。今月に入ってからの快進撃はすさまじく、この勝利で30勝。区切りとなる地方通算2900勝を同時に達成した。「乗せていただける馬をひとつでも多く勝たせたい」とさらなる勝利に意欲を見せる。

「昨年よりも状態が落ちている中で吉村騎手がうまく乗ってくれました」と新井清調教師。次走は馬の状態を見極めながらJBCスプリント(11月3日、盛岡)を目指す。

蔵田 成樹

■プロフィール
蔵田 成樹
(くらた まさき)

報知新聞