トップ > レース情報 > 第12回園田ユースカップ

レース情報

第12回園田ユースカップ

2020年2月19日(水)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

19日、園田競馬場でNHKマイルカップTRへの出走権を賭けた「園田ユースカップ」が行われた。断然の1番人気に支持されたステラモナークが好スタートから一気に逃げ切り快勝。前走の園田クイーンセレクションに続いて重賞連覇を成し遂げた。前走の1分27秒7も破格だが、さらにコンマ5秒縮める1分27秒2で走られては他馬にできることはない。2番人気に推された名古屋の3連勝馬エイシンハルニレは主導権を取れず6着敗退で、3番人気のハリオアマツバメも2番手から失速して8着に沈んだ。2、3着には人気薄のドバイキャンドルとカトゥールが入り、この時期の3歳戦の難しさが証明される結果に終わった。

1着=ステラモナーク(下原理騎手)何が何でも逃げるつもりでした。いいペースで行けたけど、4コーナーでは何かくるんじゃないかと余裕はありませんでした。最後は力が違いましたね。
2着=ドバイキャンドル(松木大騎手)返し馬でも落ち着いてたし、前走より状態は良かった。人気もなかったので思い切って乗れた。よく走ってます。
3着=カトゥール(竹村達騎手)最後もいい脚を使ってます。着実に力をつけてるしレースも上手。きょうは勝ち馬が強すぎました。
4着=スーパーローズ(吉村智騎手)ゲートを出てガーンと行く馬じゃないので距離は長いほうが競馬はしやすい。それを思えば走ってます。将来性はある。
5着=ガミラスジャクソン(鴨宮祥騎手)終いは伸びてるけど位置取りの差が出たかな。力のいる馬場は良くない。
6着=エムザックベルガー(川原正騎手)スムーズな競馬はできたが相手が強かったとしか言えない。馬は頑張ってる。
7着=エイシンハルニレ(岡部誠騎手)3連勝中といってもメンバーが違うので。のめり気味に出たので、あんな流れになったのは仕方ない。今後につながるレースはできた。
8着=ハリオアマツバメ(田中学騎手)勝ち馬マークのレース展開は想定通り。ちょっとペースは速かったけど、3コーナーで怪しくなったからね。敗因が分からない。
9着=エイシンガイン(広瀬航騎手)この馬なりに走ってますが、相手関係を考えれば仕方がないでしょう。
10着=ジェッティー(小谷周騎手)速い流れについて行けなかった。もっと力をつけないと。
11着=ナットビーワン(山田雄騎手)スタートが良すぎて前を追いかけてしまった。あれだけ気負って走ると厳しい。

瀬藤 治人

■プロフィール
瀬藤 治人
(せとう はると)

大阪スポーツ記者
86年4月専門紙記者となり、園田・姫路競馬のトラックマンとして活躍。04年に大阪スポーツの記者となる。長年の経験と鋭い分析による予想には定評がある。