トップ > レース情報 > 第20回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

レース情報

第20回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

2020年12月23日(水)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

第20回兵庫ゴールドトロフィー・交流GⅢが23日、園田競馬場のダート1400メートルに12頭によって争われ、松山弘平騎乗の2番人気、JRA所属のサクセスエナジーが最内を鋭く伸び、ゴール寸前で逃げ粘る川崎所属のベストマッチョを鼻差捕らえてV。JRA勢が同レース20年連続で勝利を飾った。

トップハンデ58・5キロを背負ったサクセスエナジーが力の違いを見せつけ5つ目の重賞制覇だ。前走同様にスタートが決まらず後方からのレースに。それでも今年デアリングタクトを無敗の牝馬3冠に導いた松山が冷静さを失うことはない。「決して内枠が得意な馬ではないが、腹をくくって内を回ることにした」。すると思い通りに最後の直線で最内が空き、一気に駆け抜けた。「最後は何とか届いてくれと思った」と2年前、頭差で2着に終わった雪辱を果たしてホッとした様子。

 プラス22キロの馬体重は予想外だったという北出調教師だが「このようなレースになりながら勝てて、本当にうれしい」と満面の笑み。「来年はフェブラリーSに挑戦してみたい」と悲願であるGⅠ制覇を目指す。


敗者のコメント
森泰斗騎手(ベストマッチョ=2着)「物見をしていたが、逆に力むことなく走れていた。着差が着差なので残念」
幸騎手(ラプタス=3着)「出遅れが痛かった。レース内容は悪くなかったので、もったいなかった」

蔵田 成樹

■プロフィール
蔵田 成樹
(くらた まさき)

報知新聞