トップ > レース情報 > 第58回のじぎく賞

レース情報

第58回のじぎく賞

2020年5月14日(木)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳牝馬 ■距離:1700m

レース結果
レース映像

レース結果

14日、園田競馬場で行われた第58回「のじぎく賞」は2番人気のテーオーブルベリー(大井)が直線鋭く伸びて快勝。2着にはブービー人気のキクノナナが突っ込み、3着も5番人気のバブルガムダンサー(船橋)。単勝1・3倍の圧倒的な1番人気に支持されたステラモナークは逃げ失速の5着に敗れ、3連単は100万円超えの大波乱となった。

予想通りスタートを決めたステラモナークが逃げ態勢に入ったが、内のキクノウィングの抵抗にあったのがケチのつけはじめ。1周目3コーナーではマイペースの逃げに持ち込んだものの、遠征馬が積極的なレースを仕掛けてきたぶん菊水賞の再現とはいかなかった。2周目3コーナーではいつもの軽快な逃げっぷりが見られず、後ろを離すことができない。4コーナーでジェネラルエリアに並びかけられた時点で万事休す。今後に課題を残す一戦となったが、あり余るスピードは両刃の刃。さらに距離が延びる兵庫ダービーで巻き返せるかどうか注目したい。レースは4コーナーでも後方に位置してた2頭のワンツー。勝ち馬テーオーブルベリーは昨秋の園田プリンセスカップの2着馬で、ステラモナーク(3着)に先着実績があった。大ベテラン川原の巧みなリードが大一番で栄冠をたぐりよせた。2着に負けたとはいえ、キクノナナも存在感を見せつけるに十分のレース内容。兵庫ダービー馬インディウムを兄に持つ良血馬で、今後の活躍が楽しみになった。

1着=テーオーブルベリー(川原正騎手)1枠が幸いした。ずっと周りを気にしていたけど、じっとしとくしかなかったからね。それが終いの伸びにつながったと思う。そんなに余裕はなかったけど、4コーナーを回って前が空いたときに何とかなるかなと思った。
2着=キクノナナ(大山真騎手)ゲートで遅れたんで腹をくくって終いに賭けました。気楽に乗れたのでコース取りはロスなく運んだ。よく走ってますが、あそこまできたら何とかしたかった。
3着=バブルガムダンサー(笹田知騎手)ビデオで見た通り1コーナーから終始押しっぱなし。でも、ブリンカーの効果か初馬馬にしてはスムーズに走ってました。最後も伸びてるし内容としては良かったのでは。
4着=ジェネラルエリア(加藤聡騎手)後ろの馬は気にせず、逃げた馬を目標にくらいついて行った。道中の手応えも抜群で、4コーナーで一瞬夢を見たけど最後は止まってしまいました。
5着=ステラモナーク(下原理騎手)スタートで内からちょっとこられたせいか、いつも以上にハミを噛んでた。3コーナーで迫られた時点で怪しくなった。こなせないことはないけど、やっぱり千七は少し長いかも。
6着=カトゥール(中田貴騎手)針明けにしては状態は良かった。勝負どころで他の馬がもたついてたのが誤算。ああなると流れない。そんなに切れる馬じゃないので上がりがかかる展開でないとつらい。
7着=ヤマジュンサルサ(吉村智騎手)スタートは良かったし、思ったよりいい位置が取れた。ただ、上がりに向いて力の差が出た感じ。これからの馬でしょう。
8着=ドバイキャンドル(松木大騎手)内でロスなく立ち回るのが好走パターン。外めの枠も影響したが、きょうみたいな展開になると力を出せない。
9着=ユウキラフェール(杉浦健騎手)勝負どころで一気にペースが上がって、脚の使い方が分からなかったみたい。キャリアの差ですね。相手強化に戸惑っただけで力負けじゃない。この結果を今後の糧にデキれば。
10着=マルマルマル(田村直騎手)馬体も減ってたし落ち着かせることだけ考えてじっくり乗った。直線もバテてないし千七もこなせそう。
11着=ルナクレア(田中学騎手)前々で運んでくれとの指示。深追いしてはいないが、きょうは流れが向かなかった。
12着=キクノウィング(広瀬航騎手)ゲートは出たがステラモナークが速くて行けなかった。普通の馬ならいい位置なのに怖がりで砂を被ると前へ進まない。現状では逃げないと厳しい。

瀬藤 治人

■プロフィール
瀬藤 治人
(せとう はると)

大阪スポーツ記者
86年4月専門紙記者となり、園田・姫路競馬のトラックマンとして活躍。04年に大阪スポーツの記者となる。長年の経験と鋭い分析による予想には定評がある。