トップ > レース情報 > 第22回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

レース情報

第22回兵庫ゴールドトロフィーJpnIII

2022年12月21日(水)

■園田競馬場 ■サラブレッド系3歳以上 ■距離:1400m

レース結果
レース映像

レース結果

4番人気のラプタスが道中5番手から直線で抜け出し、3回目の挑戦で初制覇を果たした。2着は直線で外を伸びた1番人気のシャマル、3着にはさらに外から追い込んだ5番人気のサクセスエナジーが続いてJRA勢が上位独占した。2番人気の地元馬イグナイターは4角2番手だったが、直線で失速して5着に終わった。

ラプタスが三度目の正直で兵庫ゴールドトロフィーを制覇した。「なかなか手が届かなかったので良かった」と幸。2020年が3着、21年は2着。いずれも4角2番手から抜け出せなかったが、22年は雪辱を果たした。

逃げるオーロラテソーロをラプタスは5番手で追走。「ハナに行きたかった。自分の形とは違ったが、手応えが良くて、馬に助けられた」と鞍上。4角で3番手まで浮上すると、「よく割ってくれた」と前を行くオーロラテソーロ、イグナイターをさばいて間を抜け出した。

2走前の韓国遠征後はカイバが落ちていた。「きょうの輸送もギリギリの状態」と松永晴助手。それでも「返し馬は最近で一番良かった」と幸。来年は7歳を迎えるが、「きょうの感じなら、まだまだやれる」と鞍上は相棒の可能性を確信していた。

一方で、地方馬の初制覇に挑んだイグナイターは5着に敗れた。4角2番手までは好展開だったが、直線に入ると動きが止まった。「1角でゴチャついても自信を持って乗っていた。4角で苦しくなって外へ行きたがった。元々、そういうところがある」と田中学。この日の馬体重は23キロ増。「太かったかな。これまでと違って輸送のない分が…」。万全の状態ではなかったようだ。

中山 伸治

■プロフィール
中山 伸治
(なかやま しんじ)

デイリースポーツ記者