トップ > お知らせ > 鴨宮祥行騎手の負傷について

2019.07.11

鴨宮祥行騎手の負傷について

7月10日(水)の調教中に落馬負傷した鴨宮祥行騎手(西脇・栗林徹治きゅう舎)は、西脇市内の病院で診察を受けた結果『右肩打撲傷』『右第5趾中足骨骨折』と診断され、全治1ヵ月の加療を要する見込みと診断されました。
このため、当分の間騎乗はとりやめますのでお知らせします。
鴨宮祥行騎手

鴨宮祥行騎手